【サヨナラ公務員体験記】転職全落ち公務員が毎月10分で30万円超稼ぐ不労資産構築するまでの道のり告白記事▶

【サヨナラ公務員物語】転職全落ち→不労収入で月収超えて公務員辞めてやった話【けみじゃ自己紹介】

 

「自由が欲しい、自分と家族の時間を取り戻したい」
「でも、このまま公務員続ける以外の道が見えない」

ぼくも昔はそういう人間でした。

 

どうも、けみじゃと申します。

有名人でもインフルエンサーでもなんでもない、無名な人間です。

 

ですが、公務員時代、月80時間残業などの労働と同時並行で不労所得構築に取り組み、

当時の労働時間の1/100未満で、
公務員当時のぼくの月給以上の額を”ほったらかし”の不労所得で稼ぎ、
公務員にサヨナラ
しました。

 

※上記を”月10分”程度の稼働で稼いでいます

 

また、公務員にサヨナラして以降も収入を伸ばし続け、

当時の所属長の収入すら超えてしまい、
最高月収は272万を超え、
平均月収でも100万円超を安定
キープしています。

※これらの収益を立てるまでの労働時間も、
「月に5時間前後」です。

 

現在のぼくの主な実績は、下記のとおり。

  • 労働時間5時間/月前後 → 平均月収100万円超キープ・最高月収272万円
  • 一般社団法人代表理事(登記地:銀座)
  • A8.netブラックランクキープ
  • 起業系ビジネスコミュニティ運営参加依頼 → 講師としても活動
  • セミナー登壇n回(数えきれなくなりました)
  • 一部上場企業からスカウト → お断り
  • 某TV局のゴールデン番組から取材依頼 → お断り
  • 某紙媒体の出版社から書籍執筆依頼 → お断り

 

もちろん、いきなり100%信じてもらえるとは思ってないので、

読んでウソなら閉じればいいだけですし、
ホントだったらあなたの人生に自由を取り戻すヒントになるので、
最後まで読んだうえで判断してもらえればと思います。

 

とはいえ、

お金をたくさん稼ぐことは、
実はぼくにとってはそんなに重要ではないです。

ぼくにとって最も大切なのは、時間的な自由

 

別に、六本木でセレブ生活したいわけじゃないし、
世のため人のため日本を豊かにするみたいな、壮大な望みがあるわけでもない。

 

とにかく、
働きたくない。解放されたい。自由になりたい。

ただそれだけでした。

 

ストレス源の仕事に別れを告げ、
口を開けば罵倒ばかりの上司に二度と会わず、
自分の大切な時間を奪い去られることがない。

目覚ましをかけずに眠りにつき、
平日昼間から自分の好きなように時間を使い、
家族との何でもない平穏な時間を取り戻す。

ぼくにとっては、これが何よりも大切なことでした。

 

だからこそ、

公務員在職中に作り上げた月30万円超の収入は、
毎月10分程度のメンテナンスのみでキープしているし、

退職後にたどり着いた月100万円~200万円超も、
わずか月5時間前後の労働時間で収益を立てています。

 

正直、ぼくのように、
現役公務員から不労所得を構築した人間は、珍しいでしょう。
(周りには1人もいないのではないでしょうか?)

 

…とか言ってると、

「あーあー、意識高い系エリートの自慢話かい?」

みたいに言われることもあるんですけど、
ぼくはエリート・天才の素養なんて、1mmたりとも持ち合わせちゃいません。

  • 新卒から公務員になったため、全くのノースキル
  • 持ってる資格は運転免許と高3のときに奇跡的にとれた英検2級だけ
  • 職場の人間からは「使えない」「まるでダメ」など罵倒されるのが仕事
  • 仕事→謝罪→火消しの仕事→またボロ出す→謝罪…の無限ループ
  • トドメに、20代にして転職活動に見事に全落ちをぶっかます

 

かといって、

FXや不動産投資のように、莫大な金銭リスクを負ったわけでもないし、

妙な投資ツールに手を出してラクラク収入構築なんてこともしてないし、

宝くじを当てて投資で一発、みたいなチートを使ったわけでもありません。

(そのぶん、努力はめちゃくちゃしましたが)

 

このへんの詳細についてはこれから話すのですが、
その前に、誰だよお前?となってると思うので、

  • ぼくが現在どんなことをやっているのか?
  • どうやって今の生活に至っているのか?
  • どんな思いで発信活動をしているのか?

など、軽く自己紹介していきます。

「もっと詳しい方法論などを知りたい!」というあなたは、
より具体的なノウハウを、こちらの記事から紹介しますので、見てみてください。

※期間限定で、ゼロスタートの初学者でも体系的に学べる教材を、0円でダウンロードできます。

【期間限定公開】転職全落ち公務員が月10分で30万円超を稼ぎ続ける”ほったらかしブログ”マスタープラン公開

 

「目立たず普通が1番」がぼくのすべてでした

ハッキリ言って、ぼくの過去はきわめて普通です。

巷の成功者にありがちな、

幼いころ家が極端に貧乏だったとか、
実は学生時代から起業してたとか、
裏社会を経験して酸いも甘いも知り尽くしたとか、

そんなエピソードがぼくにもあったら話しやすいんですが、
残念ながらぼくにはそういう類のもの、全くありません。

  • 0才:爆誕。
  • 14才:部活漬け(テニス)。試合出場メンバーにはギリギリ定着しないくらい。いじめと言うにはささやかすぎる嫌がらせを受けながら中学生活を送る。
  • 16才:男ばっかで遊びまわる。と言いつつ、タバコやら危ない遊びやらに手を出すとかはなく、身内の仲良しだけで健全に遊んでる感じ。当時の聖地はラウンドワン。
  • 20才:大学生時代、遊びまくる。しかし、陽キャかと言われるとそうでもなく、やっぱり身内の仲良しとお酒をいっぱい飲むくらい。
  • 22才:モラトリアムを延長すべく大学院へ。「大学院」と聞くだけですごいイメージを描く人多数だが、内部進学なので試験なんてあってないようなもん。やったことは親に頭下げただけ。
  • 24才:「変化することが苦手だから、転職しなくても安全に暮らせる職業がいい」という超消極的な理由で公務員を志し、奇跡的に合格。新卒で公務員へ。
  • 26才:公務員の現実を知る。80時間残業、残業代出ない、休日=翌日からの仕事のための回復時間、給料=我慢料。自分の時間消滅。人生に疑問を感じ始める。
  • 28才:結婚。プライベートは幸せ…なはずなのに、自由を奪われ続ける生活に我慢が限界に達し、一念発起の転職活動。が、大手企業からベンチャー企業まで、あらゆる企業に落とされて絶望。ノースキルノーマネー公務員の現実を知る。
  • 29才:ブラック労働のすき間を縫った猛勉強&鬼作業の末、月30万超の不労所得の構築に成功。サヨナラ公務員。
  • 30才:東証一部上場企業からスカウトが来るも、時間的自由が欲しいので蹴る。不労所得構築の過程で手にした知識・スキルを使い倒し、最高月収272万突破。社団法人の代表理事に就任。

 

明日食うほどお金に困った経験はなく、
かといって富裕層というわけでもない、
ごく一般的な育ち。

そしてそのまま、職場に色んな不満を抱えつつも、
なんだかんだ“目立たない普通の公務員”として、異動を繰り返しつつもぼんやり生きていくんだと思ってました。

 

そんなぼくが、なぜ「公務員のレールを外れよう」と決意し、
実際に不労所得構築まで至ったかというと、

そこにはとあるきっかけがありました。

 

妻はぶっ倒れ、夫は金を欲する

 

ある朝、妻が倒れました。

「いや、いきなり何!?」って感じだと思うんですが…
すべては、この出来事から始まったんです。

 

ある朝、
「仕事に行かなきゃいけないのに起き上がれない、どうしようどうしよう……」
と、妻がベッドの中で泣きながら震えてました。

誰がどう見ても異常な状態。

 

原因は、職場のストレスと、先輩のパワハラでした。

 

妻は民間で働いてたんですが、
どうもメンターに当たる先輩が、とんでもないクズ野郎だったそうです。

当時は、会ったこともないそいつの脳天を、
バットで粉砕してやりたいと思ってました(しないけど)。

幸い(?)、妻の会社の福利厚生自体はまともに稼働してたので、
すぐに休職に入って、部署変更を前提に2か月で復職しました。

 

ただ……

このときぼく、
「そんなクソ仕事、辞めちゃっていい!!」って、妻に言えなかったんですよ。

 

勤め先がそこそこ都会なので、生活費は高い。
1馬力じゃ、収入のかなりの部分が家賃だけで消えます。

 

さらに何より、ぼく自身も、

「公務員は安定、定年まで勤めあげる」なんて、
今の時代では幻想でしかない
と、

気付いてしまっていました。

  • コロナで行政が致命的な大打撃 → そのツケは自分たち世代が払わされることが確定
  • 公務員の退職金がこの10年で600万円もガリガリ削られ中
  • 2040年には全国約900自治体(全国の5割)が消滅可能性都市に
  • AI台頭で消える職業第1位”事務職員” ←公務員じゃん
  • etc,etc,…

「公務員は安定」が、明らかに崩れ去っている。

そんな不安が、脳みその裏側に黒くへばりついてました。

 

「おれの収入だけでなんとかできるから、辞めちゃっていい!」
という喉元まで出かかった虚勢は、

未来の生活を想像した瞬間にしぼんで消えた。

目の前で、妻が泣きながら立ち上がれず、壊れかけてたのを見てるのにね。

 

そんなこと考えてると、決まって思い出すのは、
2人が大学生だった頃のこと。

  • TSUTAYAで借りた映画を、引っ張り出したプレステ2で再生して、
  • 飽きたらそのへんの日がよく当たる並木道に散歩に行って、
  • いつものラーメン屋で替え玉サービスしてくれるおっちゃんのラーメン食って、
  • 近くの酒屋で買ってきたお酒を、妻(当時は彼女)が作ってくれた肉じゃがと一緒に飲んで、
  • ゲラゲラ笑いながら、明日の不安なんか何にもなく、眠る。

余計な贅沢なんか、何もない。
でも、あり余る幸せがありました。

六本木のタワマンにも、高級外車にも興味はないです。
ただ、あのときみたいに、日なたぼっこでもしながら楽しく暮らせれば、それが1番幸せ。

 

しかしふと現実に帰ると、

やりたくもない仕事を、夜の21時に死んだ目でこなしてる自分がいます。

誰も喋らず、ただキーボードの音だけが虚しく響く職場。

ろくに残業代も出ない。なんのやりがいもない。
ただ、「自分の机から、仕事という義務を追い出す」がゴール。

 

明日も。明後日も。1年後も。
…20年後も?40年後も?

 

「おれは、何をやってるんだ……」

 

正直、ぼく自身も、
自分の仕事がイヤでイヤでたまらない状態でした。

  • 何のやりがいも見出せない仕事内容、
  • 人を罵倒することが生きがいのようなキ〇ガイ上司、
  • 自分の時間も妻との時間も全然作れない毎日……

もう妻が倒れてるから何も言えなかったけど、
既に、自分自身も限界寸前だったと言ってもいい。

許されるなら、今すぐにだって辞めてやりたかった。

 

それでも、「辞めたらお金がないから…」と、
このイヤでイヤでたまらない仕事を耐え抜いたとして、

それこそ、10年・20年後、自分は、家族はどうなっちゃうんだろう?

 

今でさえズタボロなのに、
「10~20年後も”公務員は安定”が揺らがず続いてる」なんて、考える方が無理がある。

そのとき、もし職場を出ていくしかなくなったら?

可能性なんか山ほどあります。

・パワハラ・激務で体を壊す、
・勤めている自治体が財政破綻、
・ついに法改正で公務員の身分保障が消えた、
・etc……

 

そうして公務員という閉鎖空間から放り出された瞬間

もう”ただの未経験&無能な中年”に、転落するしかない。

その頃には、両親の介護だって必要なはず。
でも、何にもできない。どうしようもない。

これが、偽りのない公務員の現実でした。

 

そんな中で、妻が倒れた。

もしまた、妻が倒れるような状況に追い込まれたら?

そのとき、自分の身すら危うい状況で、
妻に働くことを強いるしかなかったら……?

考えたくもない。
けど、いつそんなことが起きるかわからないのも、事実。

 

あの頃の幸せを取り戻すためには、自分の収入が増えればいい。
お金が欲しい。毎月安定的に入ってくる、暮らせるだけのお金が

 

「なにやってもうまくいかない…」転職も副業も、ことごとくダメ

 

そう思って、転職とか副業とか、できることをとにかくやっていこうと、
本気で考えました。

なんとか、今の生活を変えたい。
このままで、いいわけがない!!!

 

しかし……

 

残念ながら、ぼくはかなりのポンコツでした。

 

別に自分を卑下するつもりはないんですが、
純粋に事実として、下記のような感じでした。

  • 昼休みの電話当番をすっぽかすとか、小さなミスは日常茶飯事
  • 許可書の記載間違えて係長と一緒に住民に謝罪
  • 執行する事業の予算を別の事業のと間違えて、経理課・財政課その他もろもろに謝罪行脚
  • 監査資料にガッツリミスを出して、部長まで巻き込んで関係部署に謝罪祭り

↑公務員をやってたらわかるんですが、特に下2つなんか背筋が震えあがる話ですよね。

謝りすぎて、別に何もないときでも無意識に言葉の頭が「すみません」から始まるレベル。

 

Let’s転職活動!~ノースキルのポンコツ公務員はいらない世界~

 

それでもなんとか生活を変えたくて、
まず最初に考えたのは、転職でした。

 

……で、もう冒頭にネタバレしちゃってるんですけど、
結論全落ちしました。

大企業から名もなき中小、ベンチャー企業まで、全てです。

 

まず、転職活動を始めて真っ先に気付いたことが、
「職務経歴書に書けることが、全然ない」ということ。

※こういうやつ↓

 

この、「活かせる知識・経験・技術」とか、「自己PR」とかが、マジで書けない。

なんでかって、
新卒から公務員になったぼくには、「客観的に見た実績」とか、「有用なスキル」とかが皆無だったからです。

 

一生懸命ひねり出してやっと、

「○○の監査を課内一丸で乗り切った」とか、
「△△法に基づいて◆◆の事業に許可を出した」とか、
「××の補助金調整を円滑に遂行した」とか、

手持ちの話のネタが、公務員の世界でしか通用しない話オンリー。
外部の人からしたら「いや、知らんがな」って感じなんですよね。

 

で、面接で一生懸命喋っても、
「あっ、どうでもいいと思われてる…」ってわかってしまう悲しさ。

そして案の定、落ちてる。

 

こんな調子で、やればやるほど受かる気がしなくなり、どんどんどんどん、自分が否定されたような気になって……。

で、大手中小ベンチャー問わず、応募したとこすべてに落ちました。

 

かくしてぼくの転職活動は、

公務員ゆえのノースキルノー実績、
そこに持ち前のポンコツが合わさり、

見事に全落ちを叩き出して試合終了

を迎えました。

 

そりゃあもう、凹みました。

ありとあらゆる企業が「あんたはいらない」って言ってきた感じですから。

正直ちょっと泣いた。号泣とかじゃなく、ポロっとこぼれ落ちる感じのやつ。

 

副業って、成功できる気がしないんだけど…?

 

じゃあ副業はというと、
これまたことごとくうまくいきませんでした。

 

まず、周りの人たちは誰も彼も、

 

なんだかんだ今のままが1番安泰でしょ
副業禁止なんだからどうせ無理だよ

 

愚痴はいうけど絶対に行動しない人ばかりでした。

「どうせ無理」と、調べもせず、何ひとつ行動せず言う。
そして、宝くじが当たった日々に夢を馳せる。

そういうわけで、ひたすら自力で調べまくる日々でした。
相当な数の副業を調べたり手を出そうとしたりしましたね。

なお、副業禁止に関しては、全く気にせずともお金を稼ぐことは可能です。
というより、あなたが律義に職場の言いつけを守っていても、職場はいざというときあなたを守ってくれないので、ただ搾取され続けて終わりです。

副業禁止を乗り越える方法についても、無料マガジンでお話しています。
無料マガジンはこちら

 

しかし……
結果的には、ことごとくうまくいきませんでした。

ざっと調べたり勉強したものでも、下記のとおり。

  • 不動産投資 → 頭金だけで貯金額オーバーだし、数千万円の金銭的リスクはハイリスクすぎ
  • 株・FX → 実質はギャンブル。大きく稼ぐなら超ハイリスク、リスクを避けたらお小遣い止まりで稼げない
  • 仮想通貨 → 同上
  • プログラミング → 永久に【案件受注→作業→納品】の労働漬け、一生”時間持ち”になれない
  • 動画編集 → 同上
  • webライター → 同上
  • プログラミング → 同上
  • 物販・せどり → 在庫リスク・赤字リスク、しかも【仕入れ→販売】の労働漬け、一生”時間持ち”になれない

何をやっても、どう調べてもダメ。

 

今思えば、当時のぼくが見てたものって、

  • 金銭的リスクが高い
  • 資産性が低い=永久作業漬けが必須

このどっちかに当てはまるものばっかだったんですよね。

 

要するに、ぼくが何よりも望む、
「ノースキルノーマネー公務員からでも、時間持ちになりたい!」という願いを叶えてくれるものが、どこにもなかったんです。

 

ぼくにとっては、即金で100万円が単発で稼げることより、

生活費をまかなえるくらいの額が継続的に降ってきて、
時間的自由を手にすることの方がはるかに大事

 

でも、どこにもない。

努力をする覚悟はあるけど、
それだけじゃ叶えようのない願いなんだろうか…

 

完全に泥沼にハマってしまい、
しばらく万策尽きた状態で呆然としていました。

 

ついに見つけた先駆者…自分を信じず先人の脳を借りに行く

 

そんな折、
相変わらず日々の仕事に心を殺されていたときのこと。

 

もう何を調べてたのかは思い出せないんですが、
とにかく、たまたま見つけたんですよ。

自分と同じ公務員をやってたのに、
本業と同時並行で不労収入を作って、
そのまま公務員を退職して、自由を掴んだ人を。

 

「これだ!!!」

 

本来、超行動できない人間だったぼくが、
このときばかりはワラにもすがる勢いで行動しました。

その方のメルマガに登録し、
届くメールすべてに返信しまくって…

そうやって熱意を示しまくっていたら、
なんとその方から、個人コンサルのオファーをいただくことができたんです。

 

嬉しかったです。やっぱり自分で行動するもんだな!

けど…それでも、超絶に迷いました。

 

なにせ、個人コンサルなので、タダじゃないです。
ぶっちゃけ、6か月98万円でした。

(今は「相場から考えたらむしろ安いよな」と理解できますが、当時はビビりました)

申し込むかどうか、正直脳みそが焼ききれそうなほど悩みました。

 

でも、でも、

口座にギリギリお金はある。
お金が無くなるのは怖いけど、「使い道が決まっていて貯めてるお金」ってわけじゃない。

理由はないのに、ただただ口座からお金が無くなるのが怖いだけ。
要するに、「貯金しとくといいことあるよ」っていう、ありもしない神話に縛られてるだけ。

 

それに、仮に失敗したとして、
不動産投資とかカフェ経営とかなら借金漬けのリスクもあるけど、
これなら最悪でもこれまでと同じ暮らしが続くだけ

 

何より、

ここで動かなかったら、本当にこのまま何ひとつ変わらず、
一生妻が傷つくのを指をくわえてながめながら、
自分もガマンガマンで耐えるだけの人生を送る
のかもしれない…

 

そして、
当時のぼくを唯一褒めてあげたいのが、

「今までの自分と同じ価値観で動いても、
今までの自分と全く同じ結果しか出ない」

と、本能的に感じ取っていたことです。

 

そもそも、
”サラリーマン・公務員の世界”と、”自らの力で不労所得を作る世界”では、
ルールも常識が全く違うに決まってますよね。

なのに、これまでの自分と同じようにやるって、
右車線が当たり前の外国で、
自分だけ左車線で運転するようなもんです。

捕まるか、オダブツか…
“自己流は事故流”
とはよく言ったものです。

 

“これまでの自分と同じ考え・価値観・常識”で動いたら、
これまでの自分と同じ人生が待っています。

これまでと違う結果が欲しいなら、
これまでの自分と違うことをしないといけない。

 

「やっぱやめとこ」って出し惜しみするか、
勇気を出して一歩踏み出すかは、自分次第。

 

……こうしてぼくは、
安月給からコツコツ貯めた貯金の大半と引き換えに、
新しい世界を手に入れることを決意しました。

いわゆる、“自己投資”というやつ。
これまでのぼくに、致命的に欠けていた概念です。

「お金を払う=お金を失う」という公務員マインド丸出し概念に生きていた男が、
自由な未来を掴むための投資として、震えながらも身銭を切りました。

そしてここから、本当にぼくの人生は、大きく音を立てて転がり始めました。

 

不労所得ができあがっていく世界

 

これまでのぼくは、例えて言うなら、

「東京から北海道に行きたい!」って言ってるのに、
沖縄方面に向かっちゃってる感じでした。

しかも、徒歩で。

だって、正しい道順も知らないし、
「飛行機っていう乗り物があって、それに乗ると超早い」っていう知識すらない状態でしたからね。

 

どんなに強い思いがあっても、
やり方を間違えたら、終わり。

テレビゲームと違って、現実はシビアです。

 

しかしぼくは、”自己投資”をしたことで、
「先駆者に直接聞く」という環境を手に入れたので、

  • 正しい方向へ進むためのナビ
  • 最短ルートで進む手段(飛行機のようなもの)

この2つを同時に手に入れてしまいました。

 

そうして、
始まりの1か月、不安の2か月、恐怖の3か月が過ぎていき、

ある早朝の、薄暗い部屋の中。

いつものようにパソコン起動して、報酬確認画面を更新したら…

 

「成果発生:7000円」の表示。

 

今でも忘れません。

一瞬時間が止まったような感覚。
直後に、1人で奇声を発しました。
イスから立ち上がって「うわああああ!ああああああ!!」ってなって。

 

間違ってなかった、これでよかったんだと。

 

まだたったの7000円だけど、
レールの上に乗っかる「普通が1番」で生きてきたぼくが、

「給料以外で」「自分の手で」初めてお金を稼いだ瞬間でした。

しかも、バイトや月給のように、”働いた分だけお金をもらう”ではなく、
“朝起きたらお金が入っていた”、という事実。

この先に放置状態で稼げる未来があるんだと、
確信できた瞬間でもありました。

 

そして4か月目は、約12000円。

これでも嬉しかったですが、
5か月目の後半……

 

突然、収益が10万円に跳ねました。

 

意味不明の資料を作っている間も、
クソ上司に謎の説教をされてる間も、
満員電車での通勤中も、
寝ている間ですら、

どんどん収益が発生していく。

 

そして何より大事なのは、このとき既に、
自分の稼働時間はガリガリと削り落としまくった状態だったこと。

つまり、既に不労状態なのに、残業代などを遥かに超える収益を出せていた、ということです。

 

具体的にどんなことをしたのかは、
ここではさすがにスペースが足りないので、

あなたも再現できるように、具体的にお伝えする記事を用意しているので、
そちらをチェックいただければと思うのですが…

 

こうしている間にもさらに収益は拡大し…

気付いたら、

自分は月10分程度しか動かなくても、
毎月30万円超が安定して入ってくる状態

になりました。

 

給与明細に書いてある月収の額より、
不労で稼いだ額のが大きいんです。

 

※不労で公務員月給を余裕で超えた瞬間

 

コロナに感染して2週間くらいぶっ倒れたことがあるのですが、
そのベッドから起き上がれない期間ですら、勝手に月給以上が自分の財布にチャリンチャリン降ってきました。

 

この状態になって1番よかったことは、
妻に「キツかったら仕事辞めていいよ」って言えたことです。

 

実は、一度倒れた後に復帰した妻が、
復帰後またしてもひどい労働環境になって、再度病みかけたことがあったんです。

(やっぱり、人を倒れるまで追い込むような職場は、
復職したって改善なんかしないんですね…)

 

このとき、以前のぼくは、
「自分ひとりの給料じゃ、この先やってけない…」となって、
ただ慰めたり声をかけたりすることしかできませんでした。

 

でも、今は違う。
だって、なんもしなくても、勝手に毎月30万円超入ってくるから。

「そんなとこ、辞めちゃっていい!!!」
って、胸を張って言いました。

 

そして、妻は実際に仕事を辞めました。

その後、「やってみたいけど給料が安くて…」と諦めていた、
Webデザイン職に転職を決めました。

実際、前職より給料は安くなってますが、
「給料額は気にせず、福利厚生とかやりたいこと最優先でOK!」と言えるありがたみを、
ぼく自身が噛みしめています。

 

あと、転職全落ちのとき登録してた転職サイトに、
不労所得構築の件を実績として軽く書いたら、

一部上場企業からスカウトが来たり。

要するに、大企業ですら、自分の持つ知識・スキルに需要がありまくるということ。

不労所得を作る過程で培った知識・スキルが、
もう二度と食いっぱぐれない世界を与えてくれるものだと確信
できた瞬間でした。

 

当然、自分自身も心理的な余裕が半端じゃないので、
かえってのびのび色んなことができるようになりました。

結果として、自分の月収は272万円を突破

 

富豪を名乗ろうとは思いませんが、
エリートだったはずの同期はもちろん、上司よりも稼げている状態です。

(達成直後は、ぼくを無能だポンコツだと罵って追い込んでくれた連中に、
ザマアミロでも言ってやりたい気分でしたw)

 

しかも、月に5時間前後の労働時間でもこの収益額を立てられる。

公務員時代の労働時間から考えれば、もう働いてないようなものです。

 

日々の暮らしで、不自由はすべて消滅しました。

収入も、これからまだどんどん伸びていく見込みですしね。

 

そしてぼくは、念願かなって、
公務員からサヨーナラしました。

 

 

理想の時間の自由を手に入れた、その先に

 

手に入れた自由をもって、
本当に色んなことをしました。

 

  • いい天気の日、平日真っ昼間から妻と散歩して公園で日なたぼっこ。
  • メキシコにある世界のTOP100リゾートで最高峰の高級体験。
  • 大好きなテニスを自分がやりたいときに好き放題やる。
  • 片道の飛行機だけで沖縄に行き、1週間滞在する。
  • 妻と家で酒飲みながら、時間を気にせずAmazon Primeの映画を見まくる。
  • “ザギンでシースー(銀座で寿司)”を本当にやってみる。
  • 「今日は何もやる気起きないな」と感じた瞬間、その日1日中昼寝DAYにする。

 

もう、

胸をギリギリ締め付けるような予算調整も、
見るだけで吐き気がする上司の顔を見ることも、
家族との大切な時間を奪い去られることも、

ぼくの生活を我慢とストレスにまみれたものにする地獄は、もうありません。

 

かつて「そんな世界あるわけないだろ」と、
信じられないから”自分は無関係”と否定するしかなかったストレスフリーの自由な世界へ、
自分も仲間入りすることができました。

実際の具体的なノウハウはこちらからどうぞ
ゼロスタートの初学者でも体系的に学べる特典付き)

【期間限定公開】転職全落ち公務員が月10分で30万円超を稼ぎ続ける”ほったらかしブログ”マスタープラン公開

 

なぜうまくいったのか?

 

思い返すと、長かったような短かったような。

転職に全滅し、職場でも常に肩身の狭いポンコツ公務員だったときからすると、
ずいぶん遠くまで来たもんです。

 

振り返ったとき、なぜぼくみたいなポンコツ野郎でもうまくいったのか?

 

その理由は、3つあると思っています。

 

「ブログ」というビジネスの優秀さ

そもそも、最初に”ブログ”という手段を選んだことが成功要因のひとつでした。

なぜなら、ブログを「ビジネス」として捉えると、
“初心者が取り組むべきビジネス”として、圧倒的に優秀だから。

 

「一昔前に比べるとブログは稼ぎにくくなった」と言われがちなのですが、
そのへんの事情を知ったうえでも、

「ブログ」というビジネスの優位性は、
令和の最新情報として考えても、全く揺らぐことはありません。

 

なぜなら、ホリエモンが提唱している
最初に始めるビジネスが満たすべき“ビジネス4原則”というのがあるのですが、

【ビジネス4原則】

  1. 利益率が高い
  2. 在庫を持たない
  3. 定期的に一定額の収入が入ってくる
  4. 資本ゼロあるいは小資本で始められる

ブログはものの見事に全部当てはまってるんですよ。

 

初期費用がアホほど少ないから利益率はバカ高いし、
当然在庫なんて無縁だし、
今のぼくのように毎月30万円とかの定期的な収入を作れるし、
月1000円とかで始められる。

100点満点です。

 

ちなみに、その他の副業とかを、この4条件に当てはめてみてください。
大体どれかがアウトです。

例えば、物販・せどりは②・④がアウト、
不動産投資は①・④がアウト、みたいな具合です。

 

さらにいうと、ブログというビジネスは、
「稼ぐ」を目指す過程で、食いっぱぐれないスキルセットを自動的に学べる、というのも大きい。

例えば、下記のようなものです。

  • SEOライティング → Googleで上位表示させやすくする執筆法
  • コピーライティング → 文章ひとつで読者の心を動かし行動させる
  • セールスライティング → 売りたい商品を文章ひとつで読者に購入してもらう
  • マーケティング → ビジネス全体の【人を集めて、売る】という流れを自ら構築
  • サイトシステム構築・Wordpress操作
  • データ分析(Googleアナリティクス、サーチコンソール等)
  • 外注ライターディレクション

 

…ちょっとピンと来ないかもしれませんが、
いずれも多くの企業が「欲しい!」と口を揃えるスキルです。

だからこそ、実際にぼくには一部上場企業からスカウトが来たわけですね。

 

それに最悪の最悪、仮に明日ぼくが手持ちのブログや資産を全て失ったとしても、
とりあえずWebライターをすれば、日銭は賄えます。

それと同時並行で、また同じようにブログを構築するなり、さらには企業のプロモーションの裏方に入るなども可能。

 

要するに現代というのは、

例え口座残高が1万円を切ろうが、
スキル・知識さえあれば何度でも復活することができるわけです。

(逆に言うと、公務員時代はこれが何にもなかったから、
永久に不安感から解放されなかったんですよね)

 

それが、「稼ぐ」を目指す過程で自動的についてくる。
こんなオイシイ話はないです。

実際、その後月収が272万まで伸びたりしたのも、
結局はこのとき身につけた知識・スキルの延長でしかないですしね。

 

このように、まず最初にブログを選んだということ自体が大きい。

 

自分の労働の抹消→資産化を追求

続いて、“資産化”を追求しまくったこと。

そもそも、お金稼ぎには以下の2つしかありません。

 

  • 労働収入(≒即金性)
    →自分自身が働く。働いたらその分だけお金がもらえる/自分が稼働を止めたら稼ぎも止まる
  • 不労収入(≒資産性)
    →自分の代わりに働くものを作る(ブログなど)。作るのに時間は必要/作ると自動でお金が手に入る

日本人は、「不労所得」って聞くと怪しく感じるように教育でプログラミングされてるんですが、
(「勤勉が美徳」教育の弊害でもあります)

“資産”=自分の代わりに動いてくれるもの、と考えれば、
実はぼくたちの周りに普通にありふれてるものです。

 

例えば、マクドナルドの社長って、
ハンバーガーを売ったお金で稼いでいますよね。
でも、自分はハンバーガーを売っていませんよね。

あなたの住所が借家なら、
あなたの家の大家さんって、
何もしてなくても、毎月あなたから家賃を受け取ってますよね。

 

あなたが今この記事を読んでるとき、
ぼくは寝てるかもしれません。

ここに何かの広告を貼っておけば、そこから寝てる間に収入が出ます。
(このブログは稼ぐ目的じゃないから、貼ってないですが)

賢い人ならすぐにわかる通り、
アヤシイも何も、構造上当たり前のことですよね。
ワケの分かんない投資ツールとかとは話のベクトルが全く違います。

 

でも、当時のぼくみたいな社畜が、
新たな収入源に”労働収入”を選んでしまうと、

稼げた後もその収入をキープするために
永遠に記事を書き続けなきゃ…
ってなって、

結局残業してんのと同じになっちゃいます。

 

しかし、そうならないように、

ひたすら自分の代わりにブログが働いてくれるように構築し、
ブログの構築作業からも自分の労働を抹消できるようにシステム化……

 

という、不労収入化≒資産性の追求の結晶として、

“ほったらかし化”を確立したことが、

社畜生活というハンデを乗り越えて、
ぼくを成功に導いてくれた勝因でもありました。

 

知ってるか知らないか、やるかやらないか、それだけだ

そして3つ目、これが1番大きいかもしれないという話が、
正しい道を先駆者から直接教わったこと

だって、ぼくが自力だけですべてを達成できる賢者だったら、
転職全落ちとかして人生に苦労してません。

 

そもそも、成功に必要な要素って何か、知ってますか?

 

焦らしても仕方ないのでぶっちゃけると、

  1. 正しい知識を知ること。
  2. その通りに行動すること。

このたったの2つしかないんです。

 

例えば、東京→大阪に行くなら、

  1. 正しい行き方をググって(正しい知識を得て)
  2. その通りに飛行機なり新幹線なり乗る(その通りに行動する)

それだけですよね。

 

結局、

「知ってるか知らないか、やるかやらないか、それだけ」

なんです。

 

 

しかし、9割の人は”知ろうとしない”で左下から動かない。

さらに残り1割の中でも、9割が”知らないままにやる”、
つまり左下から右下に行っちゃう。

 

かつてのぼくは、
「ブログで稼ぐ」と聞いても「ふーん、自分には関係ないや」とスルーし、
いざブログを始めても、よくわかんないままとりあえず記事を書いてました。

それで成果が出るわけないですよね。

しかし裏を返すと、最初にやるべきことは、
まず「知ってる人」になること。

 

ぼくは”先駆者から直接知識を得る”ことでそれができたので、
結局特別なことって何もしてないです。

「知って、やった」ただそれだけ。

何も持たない人間が、強者を押しのけて成功したいなら、
「正しい知識」をゲットすることに全振りすることが、唯一にして最強の近道だと思いませんか?

 

まずは、ぼくの無料マガジンでお会いしましょう。
>>ゼロから始める”ほったらかしブログ”構築マスタープランを見てみる

 



ノースキル公務員がゼロから月30万円超の不労所得を構築した方法を暴露しています。

ぼくは、社畜生活と同時並行で、月10分くらいで毎月30万円以上が勝手に口座に振り込まれ、生活費にお釣りが来る状態を構築し、公務員をリタイアしました。
現在、平均月収100万円超キープ/最高月収272万

クレーマー住民もパワハラ上司も意味不明の仕事も残業もなくノンストレス生活を送ってます。

…などというと、「怪しすぎ」「自分には関係ないね」と思われるかもしれませんね。
正直、ぼくもかつては全く同じことを思っていました。

事実、ぼくもほんの少し前までは、
公務員の身分にすがりつかないと生きていけない人間でしたし、
カッコイイ経歴も資格もスキルも完全なゼロ、職場ではいつも仕事と謝罪がセットになってるお荷物職員でした。

あげく、転職に挑んで大企業からベンチャーまであらゆる企業に軒並み全落ちした、偽りようのない「ポンコツ」「無能」でした。

そんなヤツでも、今はエリート同期や上司よりも稼いでいる状態(しかも労働時間は月10分)に激変してしまいました。

イメージしてみてください。

朝起きてスマホを見ると、「報酬発生:22,160円」の通知。あなたはベッドで寝てただけ。 それを見て「まあまあだな」と呟き、二度寝に入る。

それを実現できるようにするのが、下記の"マスタープラン"です。


  >>ゼロから始める"ほったらかし化"マスタープランをチェックしてみる
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA