【サヨナラ公務員体験記】転職全落ち公務員が毎月10分で30万円超稼ぐ不労資産構築するまでの道のり告白記事▶

【名言に学べ②】「諦めたらそこで試合終了だよ」

======!特集記事!======

けみじゃ
転職全落ちを経験した後、公務員在職中に月30~40万の不労収入を構築。
脱・公務員を達成後も、平均月収200万超・最高月収484万を達成し、公僕生活から自由を取り戻したけみじゃと申します!
>>詳しいプロフィールはこちら
5年後、生き残っていられる公務員と、社会に居場所をなくして3食カップ麺待ったなしの”お荷物”公務員の違いとは…?
なぜか当てはまってる人ほどバカにする【3つの特徴】を、5分で読めるよう整理しました。

>>生き残る公務員/社会のお荷物化して"消える"公務員【3つの致命的特徴】

どうも、けみじゃです。
今日は「名言に学べ」シリーズの第2弾みたいな感じです。

ちなみに、第1弾はこちら↓

それでは、本日の名言でもある、
「諦めたらそこで試合終了だよ」
というお話です。

人気マンガの名言から学ぶ

まず、

あのバスケ漫画の名作、スラムダンクの安西先生の
名言から話を広げていこうと思います。

え?またスラムダンクネタかよ(`´)プンッ
と思われそうですが、

スラムダンクって、
マジ名言多いんですよね。

もう名言多すぎて、ページめくれば、名言!みたいなw
特に最後の試合なんかもう名言の嵐ですからね。

まず、
「諦めたらそこで試合終了だよ」という言葉なんですけれども、
過去を振り返った時の、主人公たちの顧問である
安西先生が試合に対して投げかけた言葉ですよね。

「諦めたらそこで試合終了だよ」と。

まったくもって、その通りだなということで、
これはスラムダンクを知らない方でも、
有名な名言だと思います。

諦めたら試合終了、負け

さて、
「諦めたらそこで試合終了」
という名言についてなんですが、

スポーツだけに、この名言をあてはめていませんか ?

また、目の前に見える競争事ということだけに、
あてはめていませんか?

まあ、それはそれで大事なんですけどね(*´Д`)

例えば、
テニスとかも僕もよくやるんで、当たり前ですけど、
それを諦めたらそこで試合終了なんですよ。

それって、バスケもまんま同じですよね。
諦めたらもう勝てるわけないんです。

やる前からすでに負けてる

じゃあ、
受験勉強なら、どうでしょうか?

僕はですね、その昔、東大に試合終了したんですよw
そもそもですね東大を受けようとも、
してませんでしたからね(・∀・)ヘー

でもこれって、
言ってしまえば、東大を諦めたわけですよね、
もう当時の僕としたら、別に選択肢にも入ってなかったし、
そんなに頭も良くなかったので。

でもまぁ、マジに東大行く組からしたら、
僕は単なる負け組側なわけですよね。

スタートラインに立った瞬間に、
すでに落ちてるっていう。

なので、そういう感じでも、
諦めたらそこで試合終了だよ、ってことですよね。

知らず知らずのうちに超トップ校へ行く、
ということからはすでに、落ちてるんですね。
つまり、試合終了してるんですよ。

人生においても同じ

さらに話を広げると、

「生き方」

にも言えることではないでしょうか?

これはちょっとね厳しく言わしていただけきますと、

「人生、諦めてるっしょ!!」

ってことなんですけど、やる前から言い訳ばっかしで、結局はなにも残らないパターンの人って、

人生をどっか諦めてるじゃんかっていうことなんです。

そんな奴に限って、

「いやいや、そんなことない。真面目に働いて…」

みたいな話になってくるのが多いかと思うんですね。

過去の自分もモロにそうだったんですが、
「理想の未来」ってのを諦めていたんです。

当時の僕にとっての「理想の未来って、一体なんだったんだろうか」と思い返してみました。

  • まず働きたくない
  • 好きなテニスしたい
  • 自分の時間を自由に使いたい
  • 友達と遊びまくりたい

ちなみにこれリスト化してるんで、100個ぐらい出てくるんですけどww

でも、そんなことは心の奥底に封じ込めて、毎日毎日、会社のために働いて、
電車に揺られて、職場行って、嫌なことたくさんあっても受け入れて、

給料を頂くっていうのが、立派な社会人であり、
立派な大人であるというふうに、思っておりました。

なので、「理想の未来」というのはそもそも、
「諦めることが大人への第一歩なんだよ」

みたいなことが美学なんだ、くらいで思ってました。

でも、これってなぜなんでしょうか?

洗脳の恐怖

その理由をあえて、ここで言っておきましょうか。

それは

 

洗脳です。

洗脳です。洗脳。洗脳!

そんなことで諦める必要はないものを、
実は諦めていたんですね。

無意識、無自覚でいつのまにか諦めてる

これ洗脳っていうところが大事なポイントで、
いつのまにか諦めてるんですよね。ほぼ無意識に近いかな。

スポーツの試合とかなら、「あー諦めちゃったー」っていう風に、
なるのは、ある程度自覚できるんですけど

こういう「生き方っていうレベル」までていくと、
「諦めたー」っていう自覚ができないんですよね。

話が広がれば広がるほど、
抽象的になればなるほど、
気づくことができないんですよ。

検証をしっかりやる

受験勉強のお話でもそう。
僕が東大に、実は試合終了してる、ってことに気づいたのは
それからだいぶ後になってからです。

まあ今となっては、東大に入りたいかって言われると
別にどうでもいいですけどね(¯―¯٥))

「かも」っていう思考

僕、ホントは、もし、
めっちゃ勉強してたら、東大行けたかもしれないですんですよ∠( ゚д゚)/

そりゃ、もちろん実際は分かりませんよ。
受かるかもしれない受からないかもしれないし。

当時の僕は「かも」っていう、思考がなかったんで、

検証したことも、考えたことも

なかったわけですよね。

同じ形で、人生に関しても、
理想の未来って掴めるのかなあ?
って考えようともしなかったんですよね。

知らないうちに終了しているってのは、
マジで恐ろしいですよね
(゚д゚)!コワ-

いつも間にか無意識で、もうすでに諦めてるんですもんね。(゚д゚)!モット,コワ-

何度も言いますが、

だって諦めてんですからね。

”当たり前のように諦めちゃう”っていうのは、
もう試合終了の合図と同じことです。

「人生を諦めていませんか」
「諦めてるよね」

ってことです。そういう人のほうがおそらく多いんですよね。

手がのばせるかどうか

そこで大事なことは、

諦めずに手を伸ばせるか
ってことなんです。

少なくとも、それを諦めなくて済むかどうかの検証ぐらいは、
すればいいんじゃないかって思います。

まず諦める前に、ちょっと1回できるかどうかを考えようよ、
っていうところですよね。

試合にしても、
「こんなの絶対勝てない」、と思って投げ出すのか、

投げ出さずに、「これまだ、ワンチャンあるかも」と考えるのか。

という検証を普通はしますよね。

そういう作業を抜きにして、
知らないうちに試合終了、ゲームオーバー、
みたいなのが一番もったいないっつー話です。

なのでまずは、
あなたが今やろうとしてることが、
手の届くものなのかっていうことを、

一生懸命に検証しましょうよ。

ってことです。

思考停止して、
「いやいや、そんなもん無理だから諦めておこう」
こういう、我慢や諦めなんかがあって、当たり前の社会人なんだよ」

みたいな事を言ってるよく分からんカオスさん達には、
耳を貸さないようにしましょうね
┐(´д`)┌ヤレヤレ

本当にそうならそうで、
ちゃんと自分で考えて一生懸命検証して、
その上でその結論にたどり着けばいいんです

本気でそうやって検証したら、
おそらくそういう結論に、たどり着かないと思いませんか?

ま、そういったことがあった時は「検証してみる」という頭で、
ちょっとだけ考えてみましょうか、って感じですね。

要するに、
諦めて試合終了する前に、
検証しましょうよ。
ってことです。

まだ理想の未来が掴めるのかどうか、
ワンチャンあるんじゃないかって思ったら、


そっから走り出せばいいんです。
手を伸ばせばいいんです。

まず自分の人生を諦めるなということですね。

あきらめたら人生終了ですよー!
試合終了ですよー!
理想の未来なんて無理ですよー!

ということですよね。

今日のまとめ
  • 諦めるということは、そこで試合が終了する上に、
    しかも負けるということ。
    やがては人生に負けることになりかねない。
  • 洗脳によって、何かやる前から無意識に諦めていることが多く、
    話が広がるほど、抽象的であるほど、諦めたということに、
    気が付きにくくなる。
  • できそうかどうかを真剣に検証してみると、
    諦めるという結論に至りにくくなって、
    理想の未来に手を伸ばしやすくなる。

今日のところは以上です。
どうもありがとうございました。



ノースキル公務員がゼロから月30万円超の不労所得を構築した方法を暴露しています。

ぼくは、社畜生活と同時並行で、月10分くらいで毎月30万円以上が勝手に口座に振り込まれ、生活費にお釣りが来る状態を構築し、公務員をリタイアしました。
現在、平均月収200万超/最高月収484万

意味不明の仕事も残業も、クレーマーもパワハラ上司も満員電車もなくノンストレス生活を送ってます。

…などというと、「怪しすぎ」「自分には関係ないね」と思われるかもしれませんね。
正直、ぼくもかつては全く同じことを思っていました。

事実、ぼくもほんの少し前までは、
公務員の身分にすがりつかないと生きていけない人間でしたし、
カッコイイ経歴も資格もスキルも完全なゼロ、職場ではいつも仕事と謝罪がセットになってるお荷物職員でした。

あげく、転職に挑んで大企業からベンチャーまであらゆる企業に軒並み全落ちした、偽りようのない「ポンコツ」「無能」でした。

そんなヤツでも、今はエリート同期や上司よりも稼いでいる状態(しかも労働時間は月10分)に激変してしまいました。

イメージしてみてください。

朝起きてスマホを見ると、「報酬発生:22,160円」の通知。あなたはベッドで寝てただけ。 それを見て「まあまあだな」と呟き、二度寝に入る。

それを実現できるようにするのが、下記の"マスタープラン"です。


  >>ゼロから始める"ほったらかし化"マスタープランをチェックしてみる
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA