【サヨナラ公務員体験記】転職全落ち公務員が毎月10分で30万円超稼ぐ不労資産構築するまでの道のり告白記事▶

【失敗の捉え方】失敗を人生から抹消する思考法

けみじゃ
転職全落ちを経験した後、公務員在職中に月30~40万の不労収入を構築。
脱・公務員を達成後、現在の年商は3000万ほど、法人2社代表。
公僕生活から自由を取り戻したけみじゃと申します!
>>詳しいプロフィールはこちら


======!特集記事!======

5年後、生き残っていられる公務員と、社会に居場所をなくして3食カップ麺待ったなしの”お荷物”公務員の違いとは…?
なぜか当てはまってる人ほどバカにする【3つの特徴】を辛口公開。

>>生き残る公務員/社会のお荷物化して"消える"公務員【3つの致命的特徴】

はいどうも、けみじゃです。

今日は、失敗ってなんなんだ?っていう捉え方のお話していこうと思います。

失敗とは

失敗とは、捉え方一つで失敗と思えば失敗なんですけど失敗じゃなくて

一つのパターン発見だ!という言い方もできます。

成功しないパターンの収集だということですね。

これは結論になっちゃうんですが、何か失敗したときそれは
成功しないパターンがわかったということです。

エジソンは電球を作るとき、電球の芯(フィラメント)を何百通り、何千通り試したときに
「999通りのうまくいかない方法を発見したんだ」と言いました。

最後の一個に辿り着くまでにうまくいかない方法を探しただけだと。

これはゲームとかでも言えることです。

昔懐かしい感じで例えればポケモンですね。

赤緑の世代だとラッキーってポケモンがマジで捕まらないっていうのがあって
サファリゾーンに行くんだけど、全く出てこないし、出てきたら出てきたで全然ボールに入らないし、、、

しかも普通のポケモンバトルじゃない感じで捕まえないといけないから勝手も違うし
マジで捕まらない!みたいな。

でもあれって極端な話、やめなければいつかは絶対つかまるじゃないですか。

なので、極端な話100時間とある草むらで粘っても出なかったら、
この草むらでは出ないんだ!じゃあ次の草むらに行こう!とか、
出てきたときに、石投げたら逃げちゃった!もしかしたら最初に石投げない方がいいかな?

そういうふうに成功しないパターンを発見していくんです。

成功しないパターンを収集していくというのが、
世間で言う失敗という意味なんじゃないかなという捉え方ができるのです。

同時に失敗っていうのは行動できなくなる原因の第一位だと思っています。

ちなみに僕が思う行動できなくなる原因、同率第一位がめんどくさい

基本行動できなくなる原因大半が失敗が怖いかめんどくさいで占めているんですよ。

失敗が怖いっていうのは結局、学校教育の賜物なんです。

学校教育は”失敗したらダメ”みたいな感じになっていると思いませんか?

綺麗事では失敗を受け入れることはありますけど、
結局マルバツで決められる世界なんで失敗しちゃいけないんですよ。学校教育って。

だから、失敗しないようにいくのが「いい子ちゃんの道」なんですが、あるところから失敗を恐れない子が行動力を発揮して成功するという切り替わってしまうギャップがあります。

大半の人は失敗を恐れているから行動できないというわけです。

なぜ行動できなくなるのか

行動できなくなる理由は、もちろん色々あるのですが今日お話ししたいのは
ホメオスタシスです。

脳機能の一つのことで、めっちゃ簡単にいうと変化を嫌うこと。
”今のまんまでいいじゃん”って思う機能なんです。

本能で決まっているもので進化医学から説明するとわかりやすのでそこから話したいと思います。

簡単にいうと、原始の時代とかに”安住の地”とかあるわけですよ。

比較的豊富に物が手に入りやすいとか、水が取れるとかあるのに、そこから変化するということは
危険なんですよ。

なぜなら、原始時代なんで住居とか変えたら飢えちゃうかもしれないし死んじゃうかもしれない。
そういうところから人間は変化を嫌う機能がついているのです。

原始の時代とか言ったら胡散臭くなるんですけど、
これは論文とかで認められるようなれっきとした学問なんです。

疑いようのない研究成果だと言っていいです!

少なくともホメオスタシスは人間の機能にデフォルトでついている物なので
そこらへんの話を信じられない人はスルーしちゃっていいです。

「今のままでいいじゃん!」って思っちゃうということです。

一つ考えて欲しいのは、今のままでいいじゃんって機能がありますが
「今のままでいいじゃん!」って思うから行動できなくなるんです。

ですが、これは結局脳機能の今の言葉で言えば”バグ”みたいなところがあって、
今のままじゃなくなって、基本死ぬことはないんですよ。

不味いポイントはあるのか?
失敗するとどんなダメージがあるのか?っていうことです。

人間はここに出るんですよ。

失敗したらどんなダメージが来るのか?ここにビビっちゃう。

で、さっきも行った通り、やめなきゃ成功するんですよ。

ラッキー捕まえる話もそうですけど、エジソンも電球作りましたよね。

失敗したら致命傷だったらやめた方がいいと思いますよ。
例えば、借金数千万円して終わりとか、そういうのは別です。

確かにずっと続けられるなら成功するけど、続けているうちに立ち上がれなくなる。

無謀なことでもしなきゃやめなきゃ成功するっていうのが今の世の中だと思います。

そうでもないし、致命傷でもないのにセンサーが働くんです。
ダメージもないのに勝手に抑制している感じ。

ここで失敗してどんなダメージがあるのかわかっていないのに謎のセンサーが発動して、
ダメージを受けそうな気がして失敗を恐れる。

”失敗”っていう2文字が浮かんでくるというのが行動できなくなる原因の大きな理由だと思います。

ただ、さっきも言った通り、失敗ではなく成功しないパターン収集だ。というふうに捉え方を変えればできることが増えてきてそこからアクションプランの話に行きます。

痛くないところから行動しよう

あまり痛くないところから行動したら?ということなんですよ。

痛くないところから行動すると、すぐ立ち上がれる訳ですよね。
立ち上がれるなら成功するまでやるだけなんです。

さっきみたいにやり続ければ成功するけど、致命傷だと立ち上がれなくなっちゃいます。
けど、そんなに痛くない行動であれば、立ち上がることができるわけです。

その辺、痛くないところっていうのがどのへんなのか?本当にこれダメージなのか?失敗してどんなダメージがあるのか?
というのをきちんと捉えることが大事です。

具体的には紙に書くのが望ましいですね。
失敗したらどんなダメージがあるのか紙に書くのです。

取れるリスクは取ればいい。取らないリスクは取らなきゃいい。

ここで、取れないリスクを取ろうとすると立ち上がれないし、行動できなくなって失敗が怖くなっちゃう。

一方、取れるリスクは失敗じゃありません。
取れるリスクであればそこをとって、何かがうまくいかなかった場合は成功しないパターンでしかない。

たとえば、ぼくは「人生変えたい」系の相談を受けることがあるのですが、
それに対して変えたいのに五万円投資する、五万円の教材とかあるんですけど

例えば、「は?そんなん高過ぎでしょ!」みたいになったりするんですよ。

でもこちらからすると、申し訳ないけど、それこそ「は?」って感じで。
五万円が「高すぎでしょ」って、どうでもいいことを変えたいなら高いかもしれないけど、人生を変えたいんですよね?

人生に対して五万円のリスクってそんなに取れないリスクなんですか?そんなに怖いリスクなの?
どんな人生やねん!って話になっちゃうんですよ。

ここで、ちゃんと投資マインドを取れるのも成功する一つのポイントになってきます。

ここで、五万円の教材を買って全然ダメだったとするじゃないですか。

ダメだったらこの教材はダメだったってレビューブログ書いてみたりとか、転んでもただでさえ立ち上がれない精神みたいなのでネタにすればいいんです。それコンテンツになるから。

という感じで、目標をぶらさなければ行動するだけ。

その辺が微妙だと、うまくいかなかった場合というのを、
成功しないパターン収集化できるはずが失敗という2文字に囚われて終了。みたいになっちゃいます。

まとめ

ということで、とにかく失敗っていうのは成功しないパターン収集でしかないんですよ。

行動できなくなるのはホメオスタシスっていう今のままでいたい機能が働いていること。

本当は致命傷でもないのに謎のセンサーを働かせてしまっているのがその原因になっています。

だったら、痛くないところからリスクをとって、痛くないんだったら立ち上がれるから
それが痛くないかどうかを認識しましょう。

それで取れるリスク、取れないリスクをちゃんとかきわけていこう!ということです。

そうすると目標をぶれずに成功するまで行動するだけになるよ!

というお話しでした。
今日のところは以上です。ありがとうございました!

 


ノースキル公務員がゼロから月30万円超の不労所得を構築した方法を暴露しています。

ぼくは、社畜生活と同時並行で、月10分くらいで毎月30万円以上が勝手に口座に振り込まれ、生活費にお釣りが来る状態を構築し、公務員をリタイアしました。
現在、法人2社代表。年商は3000万ほど

大企業経営者のように稼ぎまくっているわけではないですが、その代わり意味不明の仕事も残業も、クレーマーもパワハラ上司も満員電車もなくノンストレス生活を送ってます。

…などというと、「怪しすぎ」「自分には関係ないね」と思われるかもしれませんね。
正直、ぼくもかつては全く同じことを思っていました。

事実、ぼくもほんの少し前までは、
公務員の身分にすがりつかないと生きていけない人間でしたし、
カッコイイ経歴も資格もスキルも完全なゼロ、職場ではいつも仕事と謝罪がセットになってるお荷物職員でした。

あげく、転職に挑んで大企業からベンチャーまであらゆる企業に軒並み全落ちした、偽りようのない「ポンコツ」「無能」でした。

そんなヤツでも、今はエリート同期や上司よりも稼いでいる状態(しかも労働時間は月10分)に激変してしまいました。

イメージしてみてください。

朝起きてスマホを見ると、「報酬発生:22,160円」の通知。あなたはベッドで寝てただけ。 それを見て「まあまあだな」と呟き、二度寝に入る。

それを実現できるようにするのが、下記の"マスタープラン"です。


  >>ゼロから始める"ほったらかし化"マスタープランをチェックしてみる
 


コメントを残す

CAPTCHA