【サヨナラ公務員体験記】転職全落ち公務員が毎月10分で30万円超稼ぐ不労資産構築するまでの道のり告白記事▶

【自己流(笑)】ムダどころかマイナスかもよ?

けみじゃ
転職全落ちを経験した後、公務員在職中に月30~40万の不労収入を構築。
脱・公務員を達成後、現在の年商は3000万ほど、法人2社代表。
公僕生活から自由を取り戻したけみじゃと申します!
>>詳しいプロフィールはこちら


======!特集記事!======

5年後、生き残っていられる公務員と、社会に居場所をなくして3食カップ麺待ったなしの”お荷物”公務員の違いとは…?
なぜか当てはまってる人ほどバカにする【3つの特徴】を辛口公開。

>>生き残る公務員/社会のお荷物化して"消える"公務員【3つの致命的特徴】

はいどうもこんにちは、
けみじゃです。

今回は、

【自己流(笑)】

というお話です。

 

「自己流」のおしりに、さらに「(笑)」をつけて、なんか人を小馬鹿にしたような感じのタイトルを
付けさせていただいちゃったんですけれども、

自己流というものは、

ムダどころかマイナスに働く可能性すらある

というお話をさせていただこうと思います。
よろしくお願いします。

結論

自己流=失敗の典型パターン

いきなり結論なんですが、

人からビジネスや副業とかの相談を受けたりする場合に、
我流でやろうとしてる人って結構多いんですよね。

これ実は典型的な失敗パターンなんですね。

我流でやるってのは、要するに一言で言ってしまえば、

金とか出さないでネットに転がってる情報とかを、
自分で一生懸命かき集めて、自分のやり方でやろうとしちゃう、
みたいなことなんですけど、

繰り返し言いますが、

それ、典型的な失敗パターンですから。
自己流なんて鼻クソです鼻クソ(๑˃̵ᴗ˂̵)イヤーン

特に何か始めたての頃は余計にね。

我流が強いのは漫画の天才だけ

我流が強いのって、漫画とかに出てくるような、
ごく一部の天才だけなんですね。

例えば、漫画の中で、「私、我流です」とか言って、みんなにバカにされて、
ゲラゲラ笑われて、それで周りをボコボコにして黙らせるっていう、
あるあるな展開みたいな。

この現実世界は漫画じゃないんで、
そんな楽しい光景なんかまあまず見られないんですよ。

理由

「自分色=成功の色」じゃない

じゃあそれは何でかって話なんですけど、
その前にまず、

自分の色=成功の色じゃない

っていうことを、ちゃんと認識しておかないといけないんですね。

世の中って大体、正しいやり方“のってもんがあるんですよね。

その全部が全部、100%がそれでできてるとは言わないけど、
そこを押さえないで自己流に走ると残念な事になっちゃうんですよね。

少なくとも勝負事には勝てるようにはならないです。

得意な事で考える

その辺のことは、
具体例を出せばわかりやすいと思うので、

自分が得意なことで考えたらいいと思いますね。
例えば僕ならテニスの話をよくするので、テニスの事で考えたりとかですね。

ここから二つの話を例にお話をしていこうと思います。

例え話1:テニス

いきなり、

「私、テニスを我流で半年やってます(^O^)/ドヤッ」

って人がいたとしたら、

「おー。(ノ∀`)アチャー
んー、我流で半年か…(;一_一)」

って感じになると思いますよね。

例えば、ビジネスとか副業とかでも、
「もう半年頑張ったぜ!」みたいに言う人がいます。

まあ趣味なら我流でも全然いいんですが、

たまにテニスコートへ行って好きにプレイして、
勝ち負け関係なしにボールを追いかけて、
ラケット振ってたら楽しいみたいな感じですね。

でもそれは全然いいんです。
それも素晴らしいテニスの楽しみ方なんで、いいんですけど、

それってどう考えても、

それじゃあ少なくとも強くはならない
ですよね。

我流でやるってそういうことですよ。自己流って。

例え話2:ポケモンバトル

みんな大好き「ポケットモンスター」を例えにすると、

「今度ポケモンバトルに我流で大会に出ます」って言ってる奴は多分、
相当残念な末路になっちゃうんです。

ポケモンバトルって超難しいんですよね、確か。
本気でやると、とんでもない世界みたいな感じなのかな。

ポケモンって、モンスターの育て方の型があるみたいで、
僕、高校生の頃にその世界にちょっとだけ片足突っ込んだことがあります。

なんか努力値がどうのとかいって、コラッタを倒すと素早さが上がり、
ワンリキーだと攻撃値が上がる、みたいに倒した相手によって、
ステータスの上がり方が違ったりとかするんですよね。

偏って攻撃値を伸ばしたいときはワンリキーばっかり倒しまくるとか、
そういうやり方しないと、正しい育て方にならないんですよね。

しかも育てた上でそのポケモンがポケモンバトルに出るんですね。

ポケモンバトルって大体、6対6とが3対3とかで、
パーティーの中でそれぞれのモンスターに、
明確に何をやるかっていう役割を与えていくんです。

超細かく緻密に計算された戦い方じゃないと、
ガチのポケモンバトルでは全然勝てないんです。

けれども、これを我流でやろうと思ったら、
戦うこと以前の問題なんですよね、

そもそも、どこにたくさん経験値くれる奴がいるかすら知らない、
それでレベル上げることすらままならないみたいな。

育て方がどうのとか言う以前の問題です。

極端な話、何も知らなかったら、マサラタウンの真上みたいな、
コラッタのレベル2しか出てこないような所で、
闇雲にひたすらレベル100を目指してるだけで、

「俺はポケモンバトルで天下を取るぜ!」

そんな感じになってるわけですね。

そんなところで、必死になってレベル上げるとかって、
ホントにオマケみたいなもんで、

ひたすらどうやってステータスを割り振るか、
ってことを考えてる奴に勝てるわけないでしょ。

そんなんじゃ、全く話にならないと思うんですよね。
そんなの明らかなことです。

だから自己流でやるっていうのは、
残念ながら、そういうことなんですよね。

ごくごく稀に超天才が存在するので、
人類すべてがそうだとは言いませんが、
これ読んでる人の中にそんな人はまずいないと思いますね

もしいたら、あなたマジ最強です。すいません。
僕に及びももつかないような神だと思います。ごめんなさい(._.)

成果が出ないとき

変な自己流が入ってないかを疑え

そういうのを考えていたときに、

成果が出ない時ってあると思うんですね。副業とか。

そういう時って、

変な自己流が入ってないかっていうことを疑った方がいいんです。

自己流にはリスクが伴う

リスクその1:テニスなら変なフォームになる

例えば、
テニスでも我流でやってたら、変なフォームになっちゃうんですよ。

しかもそれはやってる期間が長ければ長いほど悪い癖は抜けないんです。

どういうことかっていうと、
さっきのテニスの話で言ったら、

我流でやってると正しいラケットの引き方も分からなければ、
どうやってラケットをボールに当ててくかわかんないし、
変な振り方になっちゃうんですよね。

 

リスクその2:長期であるほど癖が抜けにくくなる

だからさっき言ったように、長ければ長いほど、
その我流でやってる人が変なフォームでやってたらやってるほど、
悪い癖が抜けないんですよ。

言ってしまえば、

変なフォームで300球とか打ったら、
変なフォームが300回練習されるだけで、
変なフォームが身につくだけなんですよね。

だから冒頭に、
「ダメどころかむしろマイナスなんじゃないの?」
って言ったんです。

なので、自己流でやるっていうのは、
そういうリスクを伴うってことなんです。

最初の方であればあるほどを自己流ってのは、
徹底的に自重した方がいいと思うんですね。

 

リスクその3:ナダルのマネしたら腕がぶっ壊れるw

似たような例をもう一つします。

例えば、テニスがまるっきり我流じゃない人が居たとしましょう。

それで、
YouTubeでナダルの動画を見て超かっこいいと思って、
「このナダルの打ち方をやりたいっ」って思ったら、
多分ナダルの真似すると思うんですけど、

ナダルって人ね、フォームがとんでもないというか常人には耐えられない仕様なので、真似するとマジで腕壊しますww
マジでぶっ壊れますからねwww

自己流ってやるってのは、そう言うことなんですね。

変なフォームが身に付いたりとか、
それどころか、腕がぶっ壊れるとかそういうことまで起こりうるんですよ。

ビジネスでも同じことが言えるんです。

変なフォームで何百回やったって全然成果が出ないどころか、
間違った方向に突き進んでる可能性すらあるし、

変なところに投資してしまって、
人生オワコンになったりとか、

そういうことは普通に起こり得るわけですよね。

とにかく自己流は出すな

例えば、YouTube見て、

「FXって儲かるんだーっ!」て言って、

10万円を300倍のレバレッジとか言って、

よく分からんけどやってみよーっとか言って、

「3000万爆死( ´Д`)ツンダー

みたいなことがありうるわけなんですね。

なので、とにかく最初は自己流を出すなって話なんですよね。

こういうことを言うと、「うーん?」っていう、
ちょい否定的な意見もあると思うんですけど、
僕はやっぱり、自己流は最初からは出しちゃいけないと思ってます。

人から教わる、人からパクる

じゃあどうするの?って言ったら、

人から教わる。ないし、人からパクるんです。

人からパクるんですよ、徹底して。
「徹底的にパクる」、略してTTPとかいう言葉があるでしょ?TTPですよ、マジでこれです。

それで、どうせやるんなら徹底的にパクらないとダメ
しかも、それを誰からパクるかも慎重に考えないといけないんですね。

でも、人がすでに歩いた道、世の中の道、
自分が初めて開拓者になる道ってのは、
この地でそうそう存在しないと思います。

最初は特に。ですけどね。

結果的には誰かが歩んだ道を歩むってことになるんですけど、

誰かが歩んでるはずの道を誰が歩いたかを知らないで
やみくもに歩いて行ったら、どうなると思いますか?

よくわかんないところに着いちゃうわけですよね。

しかも、

・いつの間にか道は外れてる
・全然ちがう方向へ行ってる
・下手したら逆走してる

ってことも全然あり得えますよね。

でも、やっぱり見てると成功者と同じ道を歩んだけど、
どんどん脇道に逸れていって失敗した人もいっぱいいるわけですね。

だから、
誰からパクるかを慎重に考えないといけない
ということなんです。

続けることで、自分らしい”色”が出てくる

それをやってるうちに、
初めて自分の色が出てくるという風に、
思わなきゃいけないですよね。

テニスで言えば、
基礎ってものを徹底的に理解した上で、
初めて自分の個性的なフォームであったり、
戦術だったりっていうのが出来てくるわけです。

たまにプロでも変なフォームのテニスプレーヤーっていますけど、

あれパッと見、変なフォームなだけで、
実はボールの当て方とか、その辺の核になるところは、
きちんと押さえた上での変なフォームなんです。

そういうところを気にしないで
「変なフォームでも打てる人は打てるんだー!」って、
自己流で変なホームで繰り返してやってると腕壊すんですよ

でも気づいた時には、出てる

なんですけど、
そうは言っても気づくと出ちゃってるものなんですね。人間ですからね(。>﹏<。)

結果が出ない理由は、努力の「量」か「方向性のズレ」

結果が伴わないときっていうのは基本、

・努力の量が足りない
・努力の方向性が間違ってる

の、どっちかしかないんですよ。

努力量が足りないのはどうすればいいですか?っていうのは、
頑張って下さい、としか言いようがないんですけど、

その一方で努力の方向性が間違ってるっていうのは、

正直一番残念なパターンです。

それを間違えないためには、

元々成功した人から教わるもしくは、ういう人からパクる

っていうのが一番間違いないんです。

上達が早い人の特徴

僕はテニスコーチをやってたことがあるんで、そこから言っても、

テニスが上手くなる人っていうのは、
最初に教わったことを忠実にやる人です。
特に初級の時なんかはね。

上手くなる人って、
教わったことを忠実にやって自分色を出さないし、
あとは上手い人のことをよく見てますね。

それで、後からそれを抽象化して、
自分に落としてくる
っていうパターンの人が多いです。

別に身体能力が極端に高くなくてもそういう人の方が、
上手くなりますね。明らかに。

そこで自前の身体能力に任せて、

「基本のフォームとかよくわかんねーよ(゚∀゚)アヒャ」

みたいな人が、ボールをボンボン打って、そこそこ出来ちゃうみたいなタイプの人って、
最初はもちろん上手いんですけど、そのあとあんまり上手くならないんですよね。

何でかっていうと、それは、
全部自分の身体能力任せで、自分流だから。

っていう感じです。

最後に

要するに、

自己流なんかだめよ。って感じですかね。

なので、
ビジネスを自己流でやってますっていう方は、
ちょっと1回考え直した方がいいんじゃないかなぁと思いますね。

人から教わってる、人からパクっているってことを、
してない方は特に気を付けた方がいいですね。

それを散々やった上での自分流だったらいいと思います。

Aさんからパクった、さらにBさんからも、Cさんからもパクった結果、
自分が出来上がった、っていう自己流だったらそれはいいと思うんですけど、

まだ何も始めてないのに、
自分が自分の方法でやるとヤバイ事になりやすいんです。

自己流でやるんだってイキってなくても、
そういうことしてるパターンはめっちゃ多いんですね。

自分で気づかぬうちに(;´д`)

「教材とかにお金出すの?それはヤダなぁー」
「だってYouTubeとかで見れるじゃーん」

ってやってると、誰なのかすらもわかんない変なYouTuberとか見て、
変な方向に突き進んでちゃったりとかするわけですよね。

というこことで、今回は、

自己流考え直しましょうね

っていうお話でした。

今日のまとめ

『自己流がダメということ』

結論:
・自己流=典型的な失敗パターンである。
・最初から自己流なんて鼻クソ。
・我流が強いのは漫画か天才だけ。現実的ではない。

理由:
・「自分の色=成功の色ではない」ということをしっかり認識する。
・「正しい型」をきっちり押さえておくことが大事。得意なことで考える。
・それをしないと強くもならないし、勝てない。

結果が出ないときは:
・まず、原因は「努力の量」か「努力の方向性の間違い」じゃないかと考える。
・「努力の方向性」が間違っていたら、元々成功している人から教えてもらったり、徹底的にパクる。最初は自己流を出さずに、教えられた事を忠実にやると上達も早い。
・”人から教わる、パクる”を何もしてない人は一度、自己流を考え直してみることが大事。

今日のところは以上です。
どうもありがとうございました。


ノースキル公務員がゼロから月30万円超の不労所得を構築した方法を暴露しています。

ぼくは、社畜生活と同時並行で、月10分くらいで毎月30万円以上が勝手に口座に振り込まれ、生活費にお釣りが来る状態を構築し、公務員をリタイアしました。
現在、法人2社代表。年商は3000万ほど

大企業経営者のように稼ぎまくっているわけではないですが、その代わり意味不明の仕事も残業も、クレーマーもパワハラ上司も満員電車もなくノンストレス生活を送ってます。

…などというと、「怪しすぎ」「自分には関係ないね」と思われるかもしれませんね。
正直、ぼくもかつては全く同じことを思っていました。

事実、ぼくもほんの少し前までは、
公務員の身分にすがりつかないと生きていけない人間でしたし、
カッコイイ経歴も資格もスキルも完全なゼロ、職場ではいつも仕事と謝罪がセットになってるお荷物職員でした。

あげく、転職に挑んで大企業からベンチャーまであらゆる企業に軒並み全落ちした、偽りようのない「ポンコツ」「無能」でした。

そんなヤツでも、今はエリート同期や上司よりも稼いでいる状態(しかも労働時間は月10分)に激変してしまいました。

イメージしてみてください。

朝起きてスマホを見ると、「報酬発生:22,160円」の通知。あなたはベッドで寝てただけ。 それを見て「まあまあだな」と呟き、二度寝に入る。

それを実現できるようにするのが、下記の"マスタープラン"です。


  >>ゼロから始める"ほったらかし化"マスタープランをチェックしてみる
 


コメントを残す

CAPTCHA