【サヨナラ公務員体験記】転職全落ち公務員が毎月10分で30万円超稼ぐ不労資産構築するまでの道のり告白記事▶

今日やることに迷わない!未来を変える魔法(ネタバレ:逆算思考)

けみじゃ
転職全落ちを経験した後、公務員在職中に月30~40万の不労収入を構築。
脱・公務員を達成後、現在の年商は3000万ほど、法人2社代表。
公僕生活から自由を取り戻したけみじゃと申します!
>>詳しいプロフィールはこちら


======!特集記事!======

5年後、生き残っていられる公務員と、社会に居場所をなくして3食カップ麺待ったなしの”お荷物”公務員の違いとは…?
なぜか当てはまってる人ほどバカにする【3つの特徴】を辛口公開。

>>生き残る公務員/社会のお荷物化して"消える"公務員【3つの致命的特徴】

 

はいどうも「けみじゃ」です(‘ω’)ノ

今回は未来を変える魔法っと題しましてお話していこうと思います!
既にタイトルでネタバレしているのですが、逆算思考をすることこれに限ります。

 

おいけみじゃ!逆算思考って何だ?

 

逆算思考っというのがどういうものかというと
物事をやり遂げるにあたって、ゴールを決めます。
そのゴールまでの道を細分化して、どういう風に進むかを決めることを言います。

例えば受験勉強であれば、「~大学に合格する!」をゴールとします。
だとすると、受験する科目の中で
国語であれば、これぐらいの偏差値が必要…
数学であれば、これぐらいの偏差値が必要…
英語であれば、これぐらいの偏差値が必要…
っというように合格できるまでの道を細分化します。

そして受験日が1年後であるなら
国語の偏差値は約3か月後までには獲得する…
数学の偏差値は約半年後までには獲得する…
英語の偏差値は約9か月後までには獲得する…
こういうようにゴールまでを逆算して考えることが言えます。

私けみじゃが言うならば
何か物事をやり遂げる、自分で目標を立てて努力をする時などに
この逆算思考を取り入れてやっていないことは、ありえないと思います。

 

おいけみじゃ!逆算思考をしていないとどうなるんだ?

 

逆算思考をしていない人は、マラソンをゴールや目印なしに
行っているようなものです。
10kmの地点がゴールのマラソンであれば、その間に目印などが
何一つない状態で走っているんだと思います。

でもそれって、絶対どこかで心折れますよね。だって、今自分がどれぐらい
走っているのかが分からないんですもの。
多分5kmや8km地点に何かしらの目印や道しるべが存在しているはずなんです。
だから、この目印や道しるべが存在しているかを事前にリサーチすることが大切です。

ただゴールだけ目指して走っているということは、もちろん途中の目印などの
情報をリサーチしてないし、なんならどっかでコースアウトしている可能性も
あります。
自分が今どこを走っているのかが分からない、どこに行けば目印などに到達するのかも
分からない、こんな状態の人が物事を効率的に作業することなんてできないです。

まあ、案内人がいれば途中で教えてくれるかもしれませんが
自分の未来を変えるために自分で努力する上であれば、絶対逆算思考は取り入れるべきです。

テニスで言えば、今サーティラブなのかフォーティーラブなのかが分からないまま
相手との勝負に勝つまでただひたすらにラリーを続けている状態ですかね。
例えばこのゲームでカウントを3-2にしておくとか4-2にしておくとか
そういう作戦とかを考える余地もないですよね。

逆算思考をしないっていうのはこれと同じことです。

 

逆算思考をしているライターとしていないライターの話

 

例えばライターとして月10万円稼ぎたいと思った時…
1本1万円の記事を月に10本書けば10万円稼げることになりますが
具体的に言えば、1文字2円を5000文字書けば1万円になりますよね?
それを月10本書ければいいわけですよ。
ただ、今すぐに記事を書けと言われたとき、果たして上手で稼げる記事を書ける人は
どれぐらいいるでしょうか?
少なくとも、稼ぎたい一心でお仕事に応募した人は無理だと思います。
そこで先に考えるべきことは、まずはライティングの技術を習得できる案件を獲得することです。

ライターさんだったらクラウドワークスランサーズなどで案件を探すと思うのですが
そういう所って、お金じゃなくて技術を売っている案件があるんですよね。
私けみじゃもそういうサイトで文字起こしやブログ記事作成などの募集を
しているのですが、そこでもたくさんの方が応募してくださっているのですよね。
ここで逆算思考を持っている方は、先にライティングの技術を習得して
おけば、後々必ず稼げるようになると考えているはずです。

これが逆算思考を持っていないとどうなるかというと
「月10万円稼ぎたい…でも今からどうしたらいいのかが分からない…」
「よしっとりあえず文書の練習をすればいいのかな?」
っと言っていきなり新聞記事の写経とかを始める人もいるんです。

~数日後~

「そろそろ記事書ける力付いてきたかな?よし実際に案件とって記事を書いてみよう…」
「あれ?なんか記事を書いている気がしない…」
「そもそもこれは読ませる記事になっているのか?」
っという感じになり、自分が今どこを走っているのかが分からないまま
うまく稼ぐことが出来なくなる場合があります。

これが逆算思考を持っている人だと月10万円を稼ぐとゴールを決めます。
「1文字2円で5000円の記事を書こうとします。」
「でも最初何したらいいのか分からない…よしっ最初にライティングの技術を習得できる
案件に応募しよう!」っと稼ぐ前に技術を求めます。

~数日後~

「そろそろ記事を書く技術を習得できたかな?でも客観的に自分が書いた記事が
どう評価されるかが分からない…」
「よし、まずは1文字1円で5000文字の記事を月に4本書いてみよう!」
っというように少しハードルを下げた案件に応募します。

こうすることで、「よしこれで2万円を稼ぐことが出来た!
これなら1文字2円で5000文字の記事を書いても大丈夫かな?」
っという自信にもつながり
「1文字2円で5000文字なら4万円稼ぐことが出来る!」
「少しタイピングのスピードにも自信があるから月に8本いけるかな?」
っというように自分で案件をこなせる力が自然と付いてきます。

 

逆算思考をする時に大切なポイント

 

そういうようにゴールから逆算していく事が大切なのですが
それに当たっての重要なポイントがちゃんと調べることです。

今までゴールから逆算すれば効率よく物事をこなせるよっと言ってきましたが
ちゃんと調べないといけません。

さっきのライティングの例で言うならば
案件を募集している人のプロフィールなどを覗くっというのも1つの手ですよね。
「あっこの人はこれぐらいのレベルの記事を求めているのか!」
っというのが分かるようになるかもしれません。
それをみて「あっ自分ちょっと書けそうにないな」などと思ったら
先ほどのように少しハードルを下げた案件に目を付けてみるなど
選択肢が増えたりすると思います。

また、実際に案件を達成している人がどんな記事を書いているのか
どのようなクオリティーの記事で案件を獲得しているのか
などを
調べることが大切です。

それを調べた上で例えば
自分の技術に合わせてハードルを下げた案件をこなしていたとしたら
「今1文字1円で3000文字をやっているけど、別にこの案件をたくさんこなせば
稼げるじゃん?」
「このクオリティーの記事でいいのなら、月に5.6本の記事は書けるんじゃないか?」
っというように案件をこなすための作戦を練りだすことも簡単になると思います。

これを調べないとただ単に小さい目標が増えただけですからね?
月に10万円を稼ぐために
「月に3万円稼ごう!」「月に5万円稼ごう!」「月に7万円を稼ごう!」
みたいに少しずつステップアップすることはもはや当たり前なんです。
そうではなくて月に10万円を稼ぐためにはどれぐらいのレベルが求められているのか
っということを実際の具体的な案件から調査すること
が大切だと思います。

「いやけみじゃさん、そんなこと知ってるよ!」
「そんなこと、当たり前じゃないですか!」
っていう人がちらほらといらっしゃるのですが
じゃあやってるのか?って聞いた時にやってない人の方が多いと
私は思ってます。

資格試験とかならこういうことをやってないとダメですよね。

合格率5割を切っている資格試験に不合格になる人って

・勉強時間が足りてない
・勉強方法が間違っている
・逆算思考をしていない

のどれかが原因だと思います。
まあ、それなりの勉強時間があって勉強方法も正しいやり方でやっているけど
不合格になってしまったって人は、多分自分がどこ走っているのか分かってないっていうパターンの人だと思います。

例えば「早稲田や慶応大学に行きたいです!」っという頭のいい人が言っていて
「まあ僕はそれなりに勉強していれば合格するはず」って言いながら不合格に
なっていった人を私はたくさん見てきました。

言ってもまだ早稲田とか慶応とかには知識などがほど遠いんだから
そのためにはどうやって勉強していけばいいんだろうとか
例えば偏差値が65ぐらい必要ならば、どれぐらいの難易度の問題を解けばいいのか
とかを逆算して考えていった人たちが合格していくんです。

 

終わりに

 

っということをお話していきましたが、そろそろ連れに買い出しに行こうぜ
とLINEが来ましたので、今回はこの辺りで失礼致します。

何か目標を立てて作業をしていく時は、ゴールを決めて
どういう作戦でゴールまで進むかをしっかりリサーチして
逆算思考で取り組めるといいですね!

それでは次の記事でお会いしましょう!ありがとうございましたー!

 

 

 


ノースキル公務員がゼロから月30万円超の不労所得を構築した方法を暴露しています。

ぼくは、社畜生活と同時並行で、月10分くらいで毎月30万円以上が勝手に口座に振り込まれ、生活費にお釣りが来る状態を構築し、公務員をリタイアしました。
現在、法人2社代表。年商は3000万ほど

大企業経営者のように稼ぎまくっているわけではないですが、その代わり意味不明の仕事も残業も、クレーマーもパワハラ上司も満員電車もなくノンストレス生活を送ってます。

…などというと、「怪しすぎ」「自分には関係ないね」と思われるかもしれませんね。
正直、ぼくもかつては全く同じことを思っていました。

事実、ぼくもほんの少し前までは、
公務員の身分にすがりつかないと生きていけない人間でしたし、
カッコイイ経歴も資格もスキルも完全なゼロ、職場ではいつも仕事と謝罪がセットになってるお荷物職員でした。

あげく、転職に挑んで大企業からベンチャーまであらゆる企業に軒並み全落ちした、偽りようのない「ポンコツ」「無能」でした。

そんなヤツでも、今はエリート同期や上司よりも稼いでいる状態(しかも労働時間は月10分)に激変してしまいました。

イメージしてみてください。

朝起きてスマホを見ると、「報酬発生:22,160円」の通知。あなたはベッドで寝てただけ。 それを見て「まあまあだな」と呟き、二度寝に入る。

それを実現できるようにするのが、下記の"マスタープラン"です。


  >>ゼロから始める"ほったらかし化"マスタープランをチェックしてみる
 


コメントを残す

CAPTCHA