【サヨナラ公務員体験記】転職全落ち公務員が毎月10分で30万円超稼ぐ不労資産構築するまでの道のり告白記事▶

【「誰から買うか」が超重要】ここ適当だと何も売れません

けみじゃ
転職全落ちを経験した後、公務員在職中に月30~40万の不労収入を構築。
脱・公務員を達成後、現在の年商は3000万ほど、法人2社代表。
公僕生活から自由を取り戻したけみじゃと申します!
>>詳しいプロフィールはこちら


======!特集記事!======

5年後、生き残っていられる公務員と、社会に居場所をなくして3食カップ麺待ったなしの”お荷物”公務員の違いとは…?
なぜか当てはまってる人ほどバカにする【3つの特徴】を辛口公開。

>>生き残る公務員/社会のお荷物化して"消える"公務員【3つの致命的特徴】

はい、どうもこんにちは、けみじゃです。

今日は、何を買うかより誰から買うかが大事な話ということで、お話をさせていただきます。

誰から買うか

購入者側からしたら、その商品に詳しい方から買いたいですよね。

もっと言うと、そのものを実際に使ってどうなるかを知っている人から話を聞きたいです。

例えば、電気屋に行って店員さんに
「これいい商品ですよ。」

と言われるより、

「これ自分も持っているんですよ、凄く良いですよ。」
と言われたら、信憑性上がりませんか?

これはなんでかというと、実際に使ってどうなるかを知っているからなんですよ。

高いものほど顕著

パソコン・スマホはどこで買う?

皆さんは、パソコンやスマホってどこで書いますか?

大体電気屋などに行って買うと思います。

本など安価なものだったら通販で買うこと多いですよね。
これは、たとえ失敗しても痛くないからです。

一方、パソコンはカタログがありますが、そこから買わない人が多いです。
なぜなら、失敗したら痛いからです。

通販で買う人は玄人だけ

カタログ見ただけでその商品を使って何が起こるかわかるのは、玄人だけです。

スペックを見て、これを使えばどんなメリット・デメリットがあるかわかるからです。

そのような人はごく一部ですよね。
自分で判別できる人は、通販で買えばいいんです。

自分で判別できない人は、詳しい人に説明を受けて買います
なぜなら、損したくないから。

実際に使ってどうなるかという未来は、高いものであればあるほど顕著であるため、
口コミだけでは足りない欲求が生まれてくるんです。

パソコンやスマホなら電気屋さんなら詳しいだろうという属性への安心があります

だから、話を聞きに店に足を運ぶわけですね。

あなた誰なの?

ところが、そのへんのいろんな販売を見てると、
「あなた誰なの?」って思う適当な販売が多すぎます。
特にサイトアフィリとか顕著なんです。

たとえば、僕、今オフィスチェアが欲しいんです。ちょっと良い椅子。
ところが、

座面の反発性が何%です!
リクライニングの角度が何段階で調節可能!
肘掛の位置は自由自在!

だから買いましょう、商品リンクこちら、ドーン!

みたいなのは買わないですよね。

元々そういう商品が欲しい人は、ギリギリ買うかもしれないですが。

パソコンのスペックだけ書いて
「これ最高だよ〜」って売ろうとしているのと一緒。

玄人しかわからないんですよ。

だから、機能だけ書いて売ろうとするのは全然足りない。

この椅子を使って生産性がバク上がりしたものです!」
っていう人間がお勧めしてきたらどうでしょうか?

「これを使ったら腰が全然痛くなくなりました。」

「少し疲れた時でもその椅子を使えば十分寛げる。」

「肘掛とかぶっちゃけ必要ないと思ってたけど、タイピングを長時間やって疲れたときに腕休ませるのに結構便利でした。」

マジで仕事の効率段違い、買って良かったと言われたら説得力抜群全然違う

どこの誰だかわからない人に、座面の反発が云々とか肘掛の位置が自由自在と言われるだけ

僕実際使ってるんですよ、生産性バク上がりしました、腰痛くない、寛げるし、肘掛で腕休ませられるしマジ最高!

って言ってる方どっちがいいか。

明らかにこの椅子使って生産性バク上がりしたって言ってる方がいいに決まってます。
腰痛くない、肘掛便利、実際に使ってどうなるか欲求の答えそのものだからです。

だから、「あなたは誰なのか」ってことを、きっちり書かなきゃいけない。

読んでいる人が知りたいのはそれで自分がどうなれるのか?という未来なんです。

商品はそのためのツールでしかないんです。

例えば、椅子に座っているときに腰が痛いという欲求があったとき、
腰が痛くならない椅子が欲しいと言っているわけですよね。

極論、腰が痛くないなら椅子じゃなくても良くないですか?
クッション一つつけて腰が痛くならなければそれでいい。

その椅子を買ってもらおうと思ったら、その椅子を使ってどんな未来があるか想像できないとダメです。

そこの話に説得力を持たせるためには、この人はどんな人なんだろう?ということですね。

実態を知りたい

機能だけだったら公式サイトに書いているので、大体想像できます。
それだけじゃなくて、実態を知りたいわけです。

口コミサイトだけでは安心できません。高いものなら尚更。

座面がどうとか、肘掛がどうとか、
「この人の言うことだったら信じられるな。」と思わせたら勝ちです!

だからあなた誰?と言うことに答えるためにプロフィールを充実しなければいけません。

椅子だったらどんなに生産性が上がったか、そのリアルな情報を限界まで詰め込むんです。

実際の体験談であれば信頼の獲得につながります!

と言うことで、誰から買うかと言うことで信頼性を上げていくために、
あなた誰?と言う情報にどんどん詰め込んでいこうというお話しでした。

今日のところは以上です、ありがとうございました!

 

 

 


ノースキル公務員がゼロから月30万円超の不労所得を構築した方法を暴露しています。

ぼくは、社畜生活と同時並行で、月10分くらいで毎月30万円以上が勝手に口座に振り込まれ、生活費にお釣りが来る状態を構築し、公務員をリタイアしました。
現在、法人2社代表。年商は3000万ほど

大企業経営者のように稼ぎまくっているわけではないですが、その代わり意味不明の仕事も残業も、クレーマーもパワハラ上司も満員電車もなくノンストレス生活を送ってます。

…などというと、「怪しすぎ」「自分には関係ないね」と思われるかもしれませんね。
正直、ぼくもかつては全く同じことを思っていました。

事実、ぼくもほんの少し前までは、
公務員の身分にすがりつかないと生きていけない人間でしたし、
カッコイイ経歴も資格もスキルも完全なゼロ、職場ではいつも仕事と謝罪がセットになってるお荷物職員でした。

あげく、転職に挑んで大企業からベンチャーまであらゆる企業に軒並み全落ちした、偽りようのない「ポンコツ」「無能」でした。

そんなヤツでも、今はエリート同期や上司よりも稼いでいる状態(しかも労働時間は月10分)に激変してしまいました。

イメージしてみてください。

朝起きてスマホを見ると、「報酬発生:22,160円」の通知。あなたはベッドで寝てただけ。 それを見て「まあまあだな」と呟き、二度寝に入る。

それを実現できるようにするのが、下記の"マスタープラン"です。


  >>ゼロから始める"ほったらかし化"マスタープランをチェックしてみる
 


コメントを残す

CAPTCHA